新時代は日曜日の朝につくられていた。”平成仮面ライダー”

Posted by admin - 8月 28th, 2012 ↑ blog top

小学生・中学生時代に”平成仮面ライダー”をリアルタイムで観ていた諸君がうらやましい。果たして何を思い、何感じ観ていたのでしょうか?(どうやら小学生になると見なくなる人も多いようですね。)

■きっかけは ”リトルピープルの時代” ”冷泉荘” 現在”ユリイカ9月臨時増刊号”で研究中
私が”平成仮面ライダー”を観るようになったきっかけがこの本 ”リトルピープルの時代” で、直接作品鑑賞をするようになったきっかけは、福岡サブカルの聖地”冷泉荘”のイベント”杉内玄徳”での上映会です。その後”ユリイカ9月臨時増刊号”が発行され、現在研究中。
”クウガ”から作品を観るに従い、思いもつかなかったストーリー構成、意表をつく脚本、斬新なデザイン、実験的映像などに感嘆されっぱなしでした。知らぬまに時代はここまで進んでいたのです。なぜいままで気づかなかったのだろうかと後悔すると共に、観ずにはいられない衝動に突き動かされました。
果たしてこれらの作品を12年もの間、どうやって作り続けることができたのでしょうか?
 

 
■視点
作品を観るということは大変難しいことです。
子供の視点、親の視点、世間の視点、制作者の視点、テレビ局の視点、スポンサーの視点、プロデューサーの視点、脚本家の視点、監督の視点、役者の視点、スーツアクターの視点、評論家の視点・・・などなど、様々な視点が交錯する中で作品はつくられ、評価され、それらがフィードバック、次の作品に影響を与えています。これら複数の視点がわかってくると、さらに作品の意図が折り重なり、奥行きが増し、おもしろみが広がっていきます。
制作・放映中の社会状況、世相、国際問題等を敏感に読み取り、作り手側は所々でメッセージを織り込んでいます。時には流行りのセリフやポーズもパクったりしてリアルタイムで観るからこそ楽しめる作り方をしています。この12年間、子供向け、日曜日の朝、グッズの販売というがんじがらめに見える制約をうまく利用し、次々と新しい表現を実現していっているのは本当にすごいことだと思います。

■”ユリイカ9月臨時増刊号” (特に制作者側の人物像と、作品制作過程がわかり、おもしろい!)
わたしがもっとも知りたかったのは、”このおもしろすぎる平成ライダーシリーズを、どのような人物が、どのような手法で作り上げていったのか?” です。
”ユリイカ”9月臨時増刊号でいくつか解明しました。
まずは、主要人物。やはり、方向性・コンセプトを指し示し実現させるカリスマ的プロデューサーが存在。そして、物語化する脚本家が飛び抜けた才能の持ち主でした。(具現化・映像化作業の長である”監督”の登場がなかったのが残念)

○ プロデューサー(高寺さんと白倉伸一郎さん)二人の人物対比論がおもしろい。白倉さんあっての平成ライダーといえそうですね。時代の今を知り、未来をつくる。近代以後の革新的時代表現者。

○ そして、脚本家。井上敏樹さん、宇野常寛さん、川上弘美さんによる鼎談。
なんといっても最大の収穫が、作家/脚本家の井上敏樹さんのおもしろさ。なぜ、平成ライダーがこんなにおもしろいかと言えば、この人が書いていたからだったのだ!納得。評論家のような冷静な分析をしている人が書いていたらやだなあと思っていたが、想像を超える野人のようなかたでした。脚本家としての明確なる方向性は、転生の野生の感覚だったようです。(文章を読むと、井上さんの言葉はまるでセリフのようで、宇野さんと川上さんが論理的に話される言葉とのギャップがすばらしい!)
もう一人の脚本家、小林靖子さんの制作過程もおもしろい。この脚本家二人の作品は見逃せません。

○ 芸能史の矢内賢二さんの、浄瑠璃や歌舞伎にある「世界」「趣向」という言葉による分析は、文化の発展過程の伝統的手法と同様な構図が平成仮面ライダーにみてとれることを示した興味深い指摘でした。昔の人も、平成の今も、物語の作り方はそれほど変わっていないのかもしれませんね。

○ ただ、デザインに関する内容が全くないのが残念。(スポンサー側もなし)
売ることを宿命づけられたベルトと付属武器、そして、バイク、仮面ライダーのデザイン、やられる度に毎回デザインを変えなければならない敵(なのか?)のデザインなど、12年の変遷は大変おもしろいのだが・・・

■小学生・中学生時代、ただ単に視聴者として楽しんで観てきたみなさん、これらの本を読んだ後で見返してみると、全く異なった視点を獲得することができます。この平成仮面ライダーを、作り手側の視点、スポンサーの視点、評論家の視点など複眼的に観てみてはいかがでしょう。この視点は他の分野、他の作品にも応用が利きます。作品づくりにも役立つでしょう。

来週から”仮面ライダーウィザード”放送開始。
 
 
———————————————————–
その他のコラム >>NEWS FEED
 
 

タグ: , ,

Comments are closed.

← blog top