”Archello” に掲載されました。

2月 6th, 2019

■オランダのwebマガジン”Archello” に掲載していただきました。

https://archello.com/project/the-times-transplantation-building

2019-02-06

詳しくはこちらまで ↓
山王マンション305号室リノベーション「時代移植」

■ ”ザ・タイムズ” トランスプランテーション ― ”時代” 移植

○ 目的は建物を寿命まで使い切ること、そのための手段が「リノベーション」
この部屋のリノベーションでは、次の二つのことをテーマにデザインしています。
一つは、部屋のリノベーションデザインの可能性について、もう一つは、築45年のこの「山王マンション」を寿命まで、できればあと55年、合計100年使い続けるにはどうしたらよいか?ということです。
それには次の二つの要素について考える必要があると思いました。
一つは「価値」もう一つは「時間」です。

○ 「価値」と「時間」

一般常識では、建物は、時間が経過するほど価値は落ちてゆきます。この常識的な論理では、古い建物は、価値が落ちてゆくばかりです。これではストック時代 のこれからの社会で、古い建物の価値は認められないので、建物を使い続けるのは大変困難です。
例えば、45年前の新築当時のままの、この305号室。時代遅れの薄汚れた和室3室3DKの部屋は、既に価値がないように見えます。40年以上使い続けたために、いたるところに傷は付き、部屋全体は薄汚れ、木は痩せてしまっています。はたして、このような状態で、どこかに価値は残されているのでしょうか?
そこで、「価値」と「時間」について考えるリノベーションです。

○ ”時代”を移植する

常識的には価値がないと考えられている45年前の当時の部屋を基本的に残します。その上で、まず中央部の一部をくり貫きます[切除]。次に、くり貫かれた部分に、2012年現在のデザインをはめ込みます[移植]。45年隔たりのある、新/旧二つの時代様式・デザインを並列させました。玄関から続く曲面内側が2012年の世界で、その外側が当時のまま残された1967年の世界です。二つの世界の境界にはストリングカーテンを設置し、45年隔たりのある二つの世界を透けて見通すことができるようになっています。つまり、「45年世界の旅」です。

果たして、古いものには価値がないのか?新しければ価値があるのか?45年という隔たりのある新/旧二つの世界の空間が共鳴しあい、新しい価値を生みだした、リノベーションルームの完成です。

復活! 旧八女郡役所

6月 11th, 2017

■  2014年10月の八女まち歩き以来、3年ほど過ぎた先日の6月はじめ、久々に八女のまち歩きをしてきました。
3年前、ボロボロ状態だった旧八女郡役所。復活していました!!

八女群役所01-170611
穴が空き、雨漏りしていた屋根が、補修後、瓦が葺き替えられていました。
屋根の土はすべて撤去し、防水シートの上に瓦葺きという現代の工法で施工されたそうです。

八女群役所02-170611
ボロボロ状態だった壁、建具は撤去され、新しい板張りの壁で補修されていました。

八女群役所03-170611
変形していた屋根、傾いていた壁も補修され、復活しています。

八女群役所04-170611
一部の外壁には「焼き杉」が使われていました。興味深い焼き杉の製作過程も教えていただきました。

八女群役所05-170611
一部は施工途中でした。

八女群役所06-170611
内部空間をみると、決していい状態とはいえない材自体、そして継手部分を、なんとか復活させようと、苦心して補修した跡が
個々かしこに見て取れました。

八女群役所08-170611
一部はお店として運営されています。

八女群役所07-170611

 

■  旧八女郡役所ホームページ:http://gunyakusyo.com/

■  朝日屋酒店:http://blog.livedoor.jp/asahiyayame/

 

The American Architecture Prize 2016 Winners books

4月 4th, 2017

 

■ ”The American Architecture Prize 2016 Winners books” が届きました。

170404-01

170404-02

170404-03
世界各国、様々な国の方々が受賞されています。
無限の電脳世界は建築作品の国境を無効化してしまいました。
ネットを開けば、世界中の作品が次々とアップされています。
メディアのグローバル化が、デザインのグローバル化を促進しているようです。
しかし同時に、ローカリズムが強化されているのも感じます。
建築賞も、グローバリズムとローカリズムがせめぎ合い、混沌とした状態になっています。

 

 

■ American Architecture Prize / AAP 2016 (アメリカ建築賞2016)受賞

INTERIOR DESIGN/Apartments Interior category (アパートメントインテリア部門)
the title of Bronze(銅賞)

アメリカで賞をいただくのは、アーキタイザー2014、アーキタイザー2015、につづき、三度目となります。

AAP 2016年の受賞者が掲載されておりますので、ご覧ください。
AMERICAN ARCHITECTURE PRIZE WINNERS : https://architectureprize.com/winners-2016/

------------------------------

■ 山王マンション305リノベーション「時代移植」:The Times Transplantation Building

 

桜坂マンションリノベーション工事-06<インテリア>

1月 21st, 2017

 

■ 桜坂マンションのリノベーション工事:インテリアコーディネート・ディスプレイ

170121-02

170121-09

170121-03

170121-05

170121-11

170121-10

170121-04

170121-13

170121-16

170121-14

170121-06

170121-17

 

■  工事工程

工程06 <インテリアコーディネート・ディスプレイ>
工程05 <完成>

工程04 <内装工事>

工程03 <UB取付、内装>

工程02 <設備配管、軽鉄下地>

工程01 <解体工事>

工程00 <工事前現況>

----------------------------------------------
シャンボール桜坂
築年数:1974年(昭和49年)竣工<築42年>
専有面積:51.93㎡
元間取り:2DK
施主:リノベスタイル株式会社:http://renova-style.jp/
施工:株式会社アビックス:園田
設計:nano Architects/信濃設計研究所:信濃、小嶋

 

 

 

タグ: , ,

桜坂マンションリノベーション工事-05<完成>

12月 28th, 2016

■ 桜坂マンションのリノベーション工事:工事完了

161223-01
↑ 工事期間が短い中、なんとか完成しました。

161223-02
↑ ガラスのスクリーン。木製の枠に、ガラスを入れ込んであります。

161223-04
↑ キッチンは家具工事で製作しました。
写真のように通路側カウンタはハイカウンターとしています。高さはH=1030。
キッチン内カウンタ高さは標準H=850より少し高めのH=880。
キッチン内の床高さをH=150上げています。

161223-03
↑ 洗面台。
カウンタはタモ集成材。

161223-05
↑ キッチン。
カウンタ:タモ集成材+UC、IHコンロ部分はステンレスバイブレーション仕上げ
キッチン内カウンタ高さは標準H=850より少し高めのH=880。
キッチン内の床高さをH=150上げ段差をつけ、通路側のカウンタ高さをH=1030にしています。

 

■  工事工程

工程06 <インテリアコーディネート・ディスプレイ>
工程05 <完成>

工程04 <内装工事>

工程03 <UB取付、内装>

工程02 <設備配管、軽鉄下地>

工程01 <解体工事>

工程00 <工事前現況>

----------------------------------------------
築年数:1974年(昭和49年)竣工<築42年>
専有面積:51.93㎡
元間取り:2DK
施主:リノベスタイル株式会社:http://renova-style.jp/
施工:株式会社アビックス:園田
設計:nano Architects/信濃設計研究所:信濃、小嶋

タグ: , , , ,

桜坂マンションリノベーション工事-04<内装>

12月 22nd, 2016

■ 桜坂マンションのリノベーション工事:内装工事が進んでいます。工事も終盤。

161222-05
↑ ここにキッチンが取付けられます。

161222-01
↑ 広いLDKと、プラス 1 部屋

161222-02
↑ LDKと、プラス 1 部屋、キッチンの床高さを変えています。

161222-04
↑ 広い玄関、

■  工事工程

工程06 <インテリアコーディネート・ディスプレイ>
工程05 <完成>

工程04 <内装工事>

工程03 <UB取付、内装>

工程02 <設備配管、軽鉄下地>

工程01 <解体工事>

工程00 <工事前現況>

----------------------------------------------
築年数:1974年(昭和49年)竣工<築42年>
専有面積:51.93㎡
元間取り:2DK
施主:リノベスタイル株式会社:http://renova-style.jp/
施工:株式会社アビックス:園田
設計:nano Architects/信濃設計研究所:信濃、小嶋

タグ: , , , ,

桜坂マンションリノベーション工事-03<UB取付、内装>

12月 21st, 2016

■ 桜坂マンションのリノベーション工事:UB(ユニットバス)取付工事、内装軽鉄下地の上にボード張り工事が始まりました。

161212-01
UB(ユニットバス)の取付。
設置の前に、事前に下記の事項を確認し設置できるかどうかを確かめます。
・RCの梁が当たる場合は梁欠きの位置
・ユニットバスに合わせた排水管の位置
・換気扇が付けられるのかなど天井懐の位置
設置できるのを確認したうえで、後日UBの取り付けが行われます。

161212-02
内装工事は軽鉄下地に石膏ボード張りがおこなわれています。

161212-03
天井の石膏ボードは、ダウンライトが入る高さで取付けられました。

161212-04
UB(ユニットバス)設置がおわりました。

161212-05
UB(ユニットバス)の上は、上階の配管や換気扇ダクトなど、設備配管でいっぱいです。

■  工事工程

工程06 <インテリアコーディネート・ディスプレイ>
工程05 <完成>

工程04 <内装工事>

工程03 <UB取付、内装>

工程02 <設備配管、軽鉄下地>

工程01 <解体工事>

工程00 <工事前現況>

----------------------------------------------
築年数:1974年(昭和49年)竣工<築42年>
専有面積:51.93㎡
元間取り:2DK
施主:リノベスタイル株式会社:http://renova-style.jp/
施工:株式会社アビックス:園田
設計:nano Architects/信濃設計研究所:信濃、小嶋

タグ: , , , ,

桜坂マンションリノベーション工事-02<設備配管、軽鉄下地>

12月 1st, 2016

■ 桜坂マンションのリノベーション工事:設備配管工事、内装軽鉄下地工事が始まりました。

161130-04

この部屋は、給湯器が室内にありましたので、マンション組合の了承を得たうえで、外部バルコニーに外部用の新しい給湯器を設置するようにしました。
給湯器を室内から室外に設置することにより次の2点でリスクが低減されます。
1,室内給湯器の不具合による事故のリスクが低減されます。
2,共用廊下に設置されていた煙突(共用部所有)を撤去することができますので、煙突による事故、経年劣化等によるメンテ費用、取替費用を低減することができます。

161130-05
↑ 共用部ある室内給湯器用煙突。
室内給湯器を中止し、バルコニーに外部用給湯器を設置することにより、煙突を撤去することができました。
さらに今回は、ユニットバスに追い焚き機能もつけることができましたので、事故のリスク低減と浴室機能の快適性アップを実現できました。

161110-02
↑ 配水管設置

161110-01
↑ 電気工事

161117-01
↑ 軽鉄下地工事

161130-02
↑ 壁の軽鉄下地

161130-01
↑ 天井の軽鉄下地

----------------------------------------------

■  工事工程

工程06 <インテリアコーディネート・ディスプレイ>
工程05 <完成>

工程04 <内装工事>

工程03 <UB取付、内装>

工程02 <設備配管、軽鉄下地>

工程01 <解体工事>

工程00 <工事前現況>

----------------------------------------------
築年数:1974年(昭和49年)竣工<築42年>
専有面積:51.93㎡
元間取り:2DK
施主:リノベスタイル株式会社:http://renova-style.jp/
施工:株式会社アビックス:園田
設計:nano Architects/信濃設計研究所:信濃、小嶋

タグ: , ,

« Previous Entries