”Archello” に掲載されました。

Posted by admin - 2月 6th, 2019 ↑ blog top

■オランダのwebマガジン”Archello” に掲載していただきました。

https://archello.com/project/the-times-transplantation-building

2019-02-06

詳しくはこちらまで ↓
山王マンション305号室リノベーション「時代移植」

■ ”ザ・タイムズ” トランスプランテーション ― ”時代” 移植

○ 目的は建物を寿命まで使い切ること、そのための手段が「リノベーション」
この部屋のリノベーションでは、次の二つのことをテーマにデザインしています。
一つは、部屋のリノベーションデザインの可能性について、もう一つは、築45年のこの「山王マンション」を寿命まで、できればあと55年、合計100年使い続けるにはどうしたらよいか?ということです。
それには次の二つの要素について考える必要があると思いました。
一つは「価値」もう一つは「時間」です。

○ 「価値」と「時間」

一般常識では、建物は、時間が経過するほど価値は落ちてゆきます。この常識的な論理では、古い建物は、価値が落ちてゆくばかりです。これではストック時代 のこれからの社会で、古い建物の価値は認められないので、建物を使い続けるのは大変困難です。
例えば、45年前の新築当時のままの、この305号室。時代遅れの薄汚れた和室3室3DKの部屋は、既に価値がないように見えます。40年以上使い続けたために、いたるところに傷は付き、部屋全体は薄汚れ、木は痩せてしまっています。はたして、このような状態で、どこかに価値は残されているのでしょうか?
そこで、「価値」と「時間」について考えるリノベーションです。

○ ”時代”を移植する

常識的には価値がないと考えられている45年前の当時の部屋を基本的に残します。その上で、まず中央部の一部をくり貫きます[切除]。次に、くり貫かれた部分に、2012年現在のデザインをはめ込みます[移植]。45年隔たりのある、新/旧二つの時代様式・デザインを並列させました。玄関から続く曲面内側が2012年の世界で、その外側が当時のまま残された1967年の世界です。二つの世界の境界にはストリングカーテンを設置し、45年隔たりのある二つの世界を透けて見通すことができるようになっています。つまり、「45年世界の旅」です。

果たして、古いものには価値がないのか?新しければ価値があるのか?45年という隔たりのある新/旧二つの世界の空間が共鳴しあい、新しい価値を生みだした、リノベーションルームの完成です。

Comments are closed.

← blog top