■ ”僕は君たちに武器を配りたい”を僕は君たちに配りたい

Posted by admin - 3月 22nd, 2013 ↑ blog top

■ 非常勤講師をさせて頂いる中で、この時期、卒業生諸君を送り出すにあたり、これからの社会でどのような能力が必要なのかを、自分なりにお伝えしていますが、なかなかうまくいっていません。そこで、この本のご紹介。

■ 僕は君たちに武器を配りたい 著:瀧本哲史さん 講談社

私には配れるような武器がないので、”僕は君たちに武器を配りたい”を僕は君たちに配りたい

○ 「ゲリラ戦」

『はじめに』でこう書かれています。

『本書は、これから社会に旅立つ、あるいは旅立ったばかりの若者が、非情で残酷な日本社会を生き抜くための、「ゲリラ戦」のすすめである。』

建築やデザインを学校で学び、就活をしたことのある方々で、なかには辛い思いをしたこともある方もおいでになるかと思いますが、伝統的に村社会的慣習が残るこの業界は、特に新卒には大変厳しい状況のようです。
この業界だけだと思ってきましたが、景気低迷の日本では、どうも一般社会も同じような状況になってきたようです。

いくつか刺激的な文章を抜き出してみましょう。

このような社会を生き抜くための「武器」を手渡したい。

なすべきことは、このような厳しい世の中でもしたたかに生き残り、自ら新しい「希望」をつくりだすことである。

「資本主義2.0」ともいうべき新しい資本主義の流れ  

「投資家的に生きる知恵」

「投機」ではなく「投資」の考え方を身につけ、「投機家」ではなく「投資家」になること。

資本主義の本質を理解すること。刻々と変わる情報を察知して、インプットを変えることで、アウトプットである自分自身の行動を具体的に変えること。

先が見えないときこそ必要なのは、正規軍の戦い方ではなく、状況に応じて臨機応変に戦術を変える、「ゲリラ戦」の戦い方なのである。

 

—————————————————
僕は君たちに武器を配りたい
著者:瀧本 哲史さん
出版社:講談社 (2011/9/22)

武器としての決断思考 (星海社新書)  瀧本 哲史 新書  もおすすめです。

 

 

Comments are closed.

← blog top