「しかたの茶の間」:UR四箇田団地コミュニティスペース–工事08:可動式ベンチ

Posted by admin - 5月 7th, 2016 ↑ blog top

■ UR四箇田団地、1Fテナント部2区画に、「コミュニティスペース」と「小規模多機能施設」を計画しています。

コミュニティスペース「しかたの茶の間」、組み立てが簡単な”可動式ベンチ”を製作しました。

 

たたみ1畳の大きさのベンチ可動式ベンチです。
キャスターが付いているので簡単に移動できます。
動かないようにしたいときのために、キャスターにはストッパーが付いています。
一般の方々でも組み立てできるように足の部分の取付けは、ボルトとナットで取付けできるようにデザインしています。

160507-01
畳がはいる前の状態です。足の下にキャスターを取付けました。
素材は、柔らかく、温かみのある”杉”

160507-02

どなたでも組み立てが簡単にできるようにボルトとナットで取付けできるようにしています。

160507-03

 

■ 畳を敷き完成

160507-05

たたみ1畳の可動式ベンチが2台。使い方はいろいろです。

160507-06

正方形にしてもよいし、2台を縦長に置いてもよいです。

160507-07

外に出していると、小学生たちが遊びにきてくれます。

160507-08
ベンチで腰掛け一休み。井戸端会議スペースへ。
団地建物前のオープンスペースと、内部空間をつなぐ、大切な「中間スペース」です。
これを「にじり出し」とか言ったりします。
この「にじり出し」空間は、境界線を線を引いたように分けるのではなく、「曖昧さ」を演出し内部へを誘導するための知恵でもあります。
「にぎわい」の創出はこの、「曖昧さ」を演出した「中間スペース」の「にじり出し」の質によるところが大きいです。

————————————————————————————

工事工程09 <照明・家具設置> (2016年2月初)
工事工程08 <可動式ベンチ製作> (2016年1月末)

工事工程07 <キッチン工事> (2016年1月末)

工事工程06 <カウンタ工事> (2016年1月中)

工事工程05 <床モルタル工事> (2015年12月末)

工事工程04 <ルーバー取付工事> (2015年12月中)

工事工程03 <アルミサッシ取付工事> (2015年12月初)

工事工程02 <照明用電気配管・排水管工事> (2015年11月末)

工事工程01 <壁モルタル塗り> (2015年11月末)

工事工程00 <工事前> (2015年10月)

————————————————————————————

■ UR四箇田団地
住所:福岡市早良区四箇田団地
完成:1977年(S52)~1984年(S59) 築32~39年
管理戸数:864戸/全55棟
http://www.ur-net.go.jp/kyuoki/fukuoka/90_097.html

■ コミュニティスペース「しかたの茶の間」:UR四箇田団地-4棟1F-105
面積:93.13㎡
施主:NPO法人[なごみの家]
施工:有限会社 住宅・リフォーム・サービス 担当:佐藤さん
設計監理:nano Architects / 信濃設計研究所

 

タグ: , , , , ,

Comments are closed.

← blog top