桜坂マンションリノベーション工事-02<設備配管、軽鉄下地>

Posted by admin - 12月 1st, 2016 ↑ blog top

■ 桜坂マンションのリノベーション工事:設備配管工事、内装軽鉄下地工事が始まりました。

161130-04

この部屋は、給湯器が室内にありましたので、マンション組合の了承を得たうえで、外部バルコニーに外部用の新しい給湯器を設置するようにしました。
給湯器を室内から室外に設置することにより次の2点でリスクが低減されます。
1,室内給湯器の不具合による事故のリスクが低減されます。
2,共用廊下に設置されていた煙突(共用部所有)を撤去することができますので、煙突による事故、経年劣化等によるメンテ費用、取替費用を低減することができます。

161130-05
↑ 共用部ある室内給湯器用煙突。
室内給湯器を中止し、バルコニーに外部用給湯器を設置することにより、煙突を撤去することができました。
さらに今回は、ユニットバスに追い焚き機能もつけることができましたので、事故のリスク低減と浴室機能の快適性アップを実現できました。

161110-02
↑ 配水管設置

161110-01
↑ 電気工事

161117-01
↑ 軽鉄下地工事

161130-02
↑ 壁の軽鉄下地

161130-01
↑ 天井の軽鉄下地

----------------------------------------------

■  工事工程

工程06 <インテリアコーディネート・ディスプレイ>
工程05 <完成>

工程04 <内装工事>

工程03 <UB取付、内装>

工程02 <設備配管、軽鉄下地>

工程01 <解体工事>

工程00 <工事前現況>

----------------------------------------------
築年数:1974年(昭和49年)竣工<築42年>
専有面積:51.93㎡
元間取り:2DK
施主:リノベスタイル株式会社:http://renova-style.jp/
施工:株式会社アビックス:園田
設計:nano Architects/信濃設計研究所:信濃、小嶋

タグ: , ,

Comments are closed.

← blog top