コーポラティブヴィレッジ春日原南町-8街区-10:窓

Posted by admin - 12月 13th, 2011 ↑ blog top

■外壁の木摺りが取り付けられ、窓に合わせて開口が開けられました。


↑ 外壁の木摺りの間から光が漏れる。工事途中ならではの景色。


↑ 1階から2階の窓を見上げたところ。2階の窓はユニットバスの窓なので、天井が作られると見えなくなる。


↑ 2階リビングのバルコニーへ出るための窓。全開すると2/3開口できる3枚引戸がつく。


↑ 上の写真とは別棟、1階畳敷きのリビングの窓。この2つの窓には障子がつく。

窓は難しいです。それぞれ意味や機能を考えながら窓の位置を考えますが、外観と内観では意味が変わるので迷うばかりです。
採光・通風・出入り・眺望、などのほか、断熱、遮熱、防犯、などの機能も標準的な仕様もしくは選択肢となってきています。

 
>>完成までのストーリー
—————————————————————–————————————————————–
> 15 – 解散総会 -2012年03月30日
> 14 – 外構工事 -2012年03月
> 13 – プラン発表会 -2012年01月
> 12 – 外壁+大工工事終了 -2012年01月
> 11 – 外壁 -2011年12月
> 10 – 窓 -2011年12月
> 09 – 中間検査 -2011年11月
> 08 – もちまき -2011年11月
> 07 – 上棟 -2011年11月
> 06 – 土工事+基礎工事 -2011年10月
> 05 – 地鎮祭 -2011年9月
> 04 – 敷地 -2011年6月
> 03 – 設計:概算見積前プラン -2011年6月
> 02 – 設計:ラフプラン -2011年5月
> 01 – 設計開始 -2011年4月
—————————————————————–————————————————————–
「コーポラティブヴィレッジ春日原南町Ⅷ街区」
福岡県春日市春日原南町
全7戸中、3戸設計

プロジェクトメンバー
コーディネート:(株)エス・コンセプト
土地媒介:九電不動産(株)
全体計画:(株)建築デザイン工房 谷口遵
住戸設計:信濃設計研究所 信濃康博、その他3名
施工:(株)斉藤工務店

 

タグ: ,

Comments are closed.

← blog top