■ 西新コーポラティブハウス room D

 

 

プロジェクトメンバー

コーディネイト:株式会社エス・コンセプト
土地媒介:九電不動産株式会社
全体設計:有限会社福永設計事務所
住戸設計:信濃設計研究所 信濃康博 他5者
施工  :西松建設株式会社

 

概要

敷地住所:福岡市西新
主要用途:コーポラティブハウス
主要構造:RC造7階建
延床面積:総戸数17戸 内3戸設計
     各87、95平方メートル 約26坪
竣工  :2004年12月

プラン ― 「5人家族のための家」

引戸による空間利用

空間構成

限られた面積のなかで、5人家族がいかに快適に生活できるのか、をテーマに間取りを考えました。
主寝室の引戸を全開すると、リビングルームと一体化して利用することができるようにしています。ベッドではなく「畳+布団」の生活にすることにより、空間を有効活用できるようにしています。

竣工時ワンルームの子供部屋は、3人の将来のお子様のために、間仕切り位置を3箇所想定し、状況により間仕切り壁を取り付けることができます。

 

↑ 寝室の引戸を全て開け、リビングルームと一体的に利用することができます。

 

 

コーポラティブハウスのシステム

「コーポラティブハウス」とは、自ら居住するための住宅(集合住宅)を建設しようとする者(今回の計画では17戸)が組合を結成し、共同して事業計画を定め、土地の取得、建物の設計、工事発注その他の業務を行い、住宅を取得、管理していく住まいです。

 

→ 2F room D 家族の集う巨大スペース
→ 5F room O スーパー楕円 / PP分離/回遊性
→ 7F room Q 眺望を最大限活かした〈大開口〉

 

コーポラティブハウスのシステム

一覧へ戻る