「続・山王R」04:新設配管工事

Posted by admin - 11月 5th, 2012 ↑ blog top

■ 山王マンション305号室の解体工事が終わり、新設配管工事が進んでいます。

賃貸マンションリノベーションにおいて設備配管工事は難しい工事です。

● 生活を支えるライフラインである配管は大きく分けると次の2つの部分に分けることができます。
A,室内の配管 → 部屋の中の配管
B,共用配管 → 「枝葉」である個々の部屋の配管が接続する「幹」となる配管
これらを評価する場合、A,Bそれぞれの個別の評価と、2つ合わせた複合的評価が必要です。

● 配管の種類としては
給水管、排水管、ガス管、電気、情報
などがあります。

● ポイントは
1,既存の配管状態の把握 → 既存配管を利用するのか?取り替えるのか?を判断
2,既存配管方式の把握
→ スラブ下抜き配管なのか?スラブ床上配管なのか?により、建物内の配管をどう変更するのか評価、検討
3,共用配管の状態の把握
→ 長期建物維持計画を策定した上で、配管ルート・配管自体を変更するのか?しないのか?などを検討

などです。

「山王マンション」においては、長期建物維持計画に基づき、大規模改修工事を済ませ、共用配管を室外に新設し、リノベーションした部屋は、スラブ床下配管から、スラブ床上配管へ変更した上で、新設共用排水竪管へ接続するようになっています。

それでは、具体的に配管工事をご紹介いたします。

■ 新設配管工事

↑ 既存配管がスラブ下抜き配管方式のため既存配管は封鎖、新設配管はスラブ床上配管に変更。
錆びた給水管も封鎖し、新たに給水管+給湯管を設置


↑ 新設排水管は、スラブ床上で外部廊下へ出します。
昔の建物では給水管はよく躯体(コンクリート)内に埋め込まれているのと、鋼管のため錆びてしまい管自体の寿命がきており、更新ができないので、新しい給水管+給湯管を設置します。

■ 外部廊下へ出てきた排水管と給水管+給湯管

↑ 外部廊下へ出てきた排水管は廊下のスラブを貫通させ下に抜きます。


↑ スラブ下に出てきた排水管を横に振り、大規模改修工事時に新設してある外部排水竪管に接続します。


↑ 大規模改修工事時に新設された共用排水竪管。リノベーションした部屋の新設排水管をこの竪管につなぎます。

以上、築40年を超える賃貸マンションにおける排水管の更新例でした。
A,室内の配管 と B,共用配管 の更新計画、更新工事を一体的に行うことが、建物を長期にわたり維持していくのには必要です。

 
————————————————————————————————————————————
10-照明工事/カーテン工事
09-カーテンレール取付工事/エアコン工事
08-塗装工事
07-電線管
06-大工工事2
05-大工工事
04- 新設配管工事
03- 解体工事2
02- 現場見学
01- 解体工事1

————————————————————————————————————————————
「続・山王R~NEW STANDARD RENOVATION~」:山王マンションリノベーションⅢ
場所:福岡県福岡市
山王マンション:築45年、RC6階建
元間取:3DK-48平米
所有:吉原住宅㈱
運営:㈱スペースR デザイン
施工:シーズ・クリエイションズ㈱(Shii’s Creations)
設計:信濃設計研究所/nano Architects

タグ: , ,

Comments are closed.

← blog top