「続・山王R」06:大工工事2

Posted by admin - 11月 16th, 2012 ↑ blog top

■ 山王マンション305号室、引き続き大工工事が進んでいます。

● 山王マンションでは、(当時のマンションではよくみられましたが)、バルコニーがありません。
そうなると、
1,洗濯物をバルコニーで干せない
2,エアコン室外機をバルコニーに置けない
といった問題がおこります。
このような状況なので、各部屋、エアコンを室内のどこにつけて、室外機をどこに置くのか、物干しスペースをどこに確保するのか、が大問題となります。

今回の305号室では、既に玄関ドア上部にエアコンスリーブの穴があけられていますので、そこを利用し、廊下に室外機を設置することにしました。エアコン室内機はこの部分に取り付けます。


↑ 下から見たところ。右側の壁にエアコンを取り付けます。中央壁から電線が出ています。

● フローリングは無垢材を利用しています。
2004年に山王マンションで最初のリノベーションをした時、賃貸物件で無垢のフローリングを使用し、次の更新時に問題がおきないかいろいろ議論しましたが、入居者が変わられた時の更新問題も特におこりませんでした。当初のイメージ通り、無垢材は味が出てきて良い感じになってきています。


↑ 無垢フローリング。

● 曲面の壁ができていました。


↑ 上:既存の天井がそのまま残っています。
下:既存の天井を撤去。魅力的な小幅板型枠の荒々しくも繊細なコンクリート打ち放しのスラブが現れました。
2つの領域の間(はざま)に、この曲面の壁があります。

● よく考えてみると、全てのものは時代の支配下に置かれていることがわかります。賃貸マンションにバルコニーがないのも、洗濯機置場がないのも、外壁のタイルが今ではないのも、サッシがスチールであるのも、コンクリートスラブの型枠が小幅板なのも、天井材がチープなのも、地袋があるのも・・・今では、作ることのできないものばかりです。建築材料や洗面器などの衛生陶器、デザインなども、その時代だから使用できたり、つくることができたものなのです。
昔の建物が古く感じる一つの理由は、この部屋のように、現在見慣れない材料、素材、製品、工法、デザインなどが使われていると違和感を感じ、時代が異なることがわかるからです。”いま”とは違う時代が305号室にはありました。44年という歴史が”いま”とは異なる時代表現を可能にしているわけです。

44年という時間の重みを表現することが、今回のデザインテーマとなっています。

————————————————————————————————————————————
10-照明工事/カーテン工事
09-カーテンレール取付工事/エアコン工事
08-塗装工事
07-電線管
06-大工工事2
05-大工工事
04- 新設配管工事
03- 解体工事2
02- 現場見学
01- 解体工事1

————————————————————————————————————————————
「続・山王R~NEW STANDARD RENOVATION~」:山王マンションリノベーションⅢ
場所:福岡県福岡市
山王マンション:築45年、RC6階建
元間取:3DK-48平米
所有:吉原住宅㈱
運営:㈱スペースR デザイン
施工:シーズ・クリエイションズ㈱(Shii’s Creations)
設計:信濃設計研究所/nano Architects

タグ: , , ,

Comments are closed.

← blog top