The American Architecture Prize 2016 Winners books

4月 4th, 2017

 

■ ”The American Architecture Prize 2016 Winners books” が届きました。

170404-01

170404-02

170404-03
世界各国、様々な国の方々が受賞されています。
無限の電脳世界は建築作品の国境を無効化してしまいました。
ネットを開けば、世界中の作品が次々とアップされています。
メディアのグローバル化が、デザインのグローバル化を促進しているようです。
しかし同時に、ローカリズムが強化されているのも感じます。
建築賞も、グローバリズムとローカリズムがせめぎ合い、混沌とした状態になっています。

 

 

■ American Architecture Prize / AAP 2016 (アメリカ建築賞2016)受賞

INTERIOR DESIGN/Apartments Interior category (アパートメントインテリア部門)
the title of Bronze(銅賞)

アメリカで賞をいただくのは、アーキタイザー2014、アーキタイザー2015、につづき、三度目となります。

AAP 2016年の受賞者が掲載されておりますので、ご覧ください。
AMERICAN ARCHITECTURE PRIZE WINNERS : https://architectureprize.com/winners-2016/

------------------------------

■ 山王マンション305リノベーション「時代移植」:The Times Transplantation Building

 

■『ふくおかすまいづくりノート 2015秋冬号』<【FUKUOKA BI:KI(フクオカ・ビィーキ)】

9月 17th, 2015

 

■  『ふくおかすまいづくりノート 2015秋冬号』<【FUKUOKA BI:KI(フクオカ・ビィーキ)】
に掲載して頂きました。

◯ホームページで『ふくおかすまいづくりノート 2015秋冬号』をクリックすると閲覧、ダウンロードできます。
西日本新聞社が福岡市で65万部発行するフリーペーパー 【FUKUOKA BI:KI(フクオカ・ビィーキ)】
http://bi-ki.jp/

 

◯『家づくりサーチ 「新築」と「リノベ」のポイントを知る』 P.22-23

「新築」なのか「リノベーション」なのか、迷われている方々も多いのではないでしょうか。

これは大変難しい選択で、簡単に答えが出せればよいのですが、なかなか簡単に答えはでません。

既存建物の現況を調査し、新築工事費と、補修+リノベーション工事費を比べ、

取り壊し建て替えたほうが良いのか、再利用しリノベーションしたほうが良いのかを

判断していく必要がありますが、リノベーションの場合は、どこまで壊しどこまでやりかえるのかの

判断が難しく、計画内容により金額の差が大きく異なりますので、判断が難しくなります。

時代は「新しいものをつくる」から「今あるものを活かす」時代へ移行しています。

空き家は全国で800万戸を超えてしまい、ますます増加していっています。

利用できる建物はできるだけ利用し、廃墟等利用できない建物は取り壊し、建て替え、もしくは、更地にもどすなど、

空き家を少なくするような、既存建物の仕分けが必要な時代に突入しています。

フクオカ・ビィーキ特別号-2フクオカ・ビィーキ特別号-1

 

 

タグ: ,

■シティ情報ふくおか「リノベーション&インテリア2015」 ムック – 2015/4/1

4月 10th, 2015

 

■  「シティ情報ふくおか」出版の「リノベーション&インテリア2015」 ムック – 4月1日発売
に掲載して頂きました。

 

150410-02

150410-01

リノベーション文化が着実に定着してきていることを実感できる内容となっています。
「日常の生活を主とした空間の提案」というスタンスが、新築物件紹介誌とは異なるテイストの紙面づくりとなっているのがわかります。
インテリアが自分の身体感覚の延長として認識されるようになってきています。

「シティ情報ふくおか」 FUKUOKA mook バックナンバー購入ページ
http://www.fukuoka-navi.jp/mook_info/

 

----------------------------------
各物件の詳細はこちらをご覧ください。

■   >> 山王マンション305リノベーション: 「時代移植」 - The Times Transplantation Building
2015:第27回福岡県美しいまちづくり建築賞 / 福岡県建築住宅センター理事長賞 受賞作品
2014:The Architizer A+ Awards 2014 / 審査員賞 受賞作品 (住宅インテリア部門)

■ >> T邸 – マンションリノベーション

■ >> I邸 リノベーション

 

 

タグ: , ,

■ 海外webマガジン効果

12月 18th, 2014

■ 10月終わりころより、海外のwebマガジンに、

「山王マンション407リノベーション:”時代蘇生” - ”The Times Resuscitation Building”」 を掲載していただいております。

○ webマガジン掲載国

ヨーロッパ : イタリア、イギリス、フランス、オランダ、ドイツ、スロバキア、ロシア

北米 : アメリカ、 中南米 : メキシコ、チリ

アジア:中国、イラン、韓国、 中央アジア : ウズベキスタン

141217-01
赤:webマガジン掲載国、水色:nano Architects ホームページ訪問国

 

 

○ ”nano Architects” ホームページ、期間内の合計セッション数表<10月初~12月中>(グーグルアナリティクスより)

下記の表のように、世界65カ国の方々に、ホームページに訪問して頂いております。

このように世界各国、多くの方々に訪問頂き、あらためて、インターネットが世界中につながっていることを実感させられました。

前回の作品、山王マンション305号室”時代移植”に比べ、本作品は、特にフランスの方々の感性に響いていただけたようです。

 

141217-02

国外の視点と、国内の視点、大きな違いがあるようです。国外でも、国により反応が異なります。
”日本文化”というブランド価値の意味を考えさせられる結果をみて、自国文化をどのように捉え作品化していくのか、これからも考え続けていこうと思っています。
携帯端末機で、世界とつながってしまうインターネット時代のデザインについても興味深い現象が表れています。
はたして世界のデザイン、そして、日本のデザインはどこへ向かっていくのでしょうか?

 

■「山王マンション407リノベーション:”時代蘇生” - ”The Times Resuscitation Building”」webマガジン主な掲載誌

○ dezeen <イギリス>
http://www.dezeen.com/2014/11/19/the-times-resuscitation-building-nano-architects-1960s-japanese-apartment/

○ designboom <イタリア>
http://www.designboom.com/architecture/nano-architects-sanno-mansion-times-resuscitation-building-fukuoka-japan-10-29-2014/

○ Archilovers <イタリア>
http://www.archilovers.com/projects/142596/the-times-resuscitation-building.html

○ Fubiz <フランス>
http://www.fubiz.net/2014/11/29/renovation-building-by-nano-architects/

○ “journal du design”  <フランス>
http://www.journal-du-design.fr/architecture/the-times-resuscitation-building-nano-architects-52473/?fb_action_ids=724061994354946&fb_action_types=og.likes

○ Archello <オランダ>
http://www.archello.com/en/project/times-resuscitation-building

○ Architizer <アメリカ>
http://architizer.com/projects/the-times-resuscitation-building/

○ ArchDaily  <アメリカ>
http://www.archdaily.com/566848/the-times-resuscitation-building-nano-architects/

○ ArchDaily  <メキシコ>
http://www.archdaily.mx/mx/757828/la-resusitacion-de-un-edificio-nano-architects

○ Plataforma Arquitectura <チリ>
http://www.plataformaarquitectura.cl/cl/757828/la-resusitacion-de-un-edificio-nano-architects

○ Admagazine <ロシア>
http://www.admagazine.ru/inter/53996_kvartira-v-traditsionnom-yaponskom-stile.php#artheader

○ Koov.ir <イラン>
http://kooy.ir/News408.html

○ MASTEROK.UZ <ウズベキスタン>
http://masterok.uz/ideas/udivitelyniy-interyer-yaponskiy-minimalizm-v-kvadrate

○ Zaujimavosti.sk  <スロバキア>
http://zaujimavosti.sk/archives/12980

○ Equalbooks  <韓国>
http://equalbooks.co.kr/gbbs/bbs/board.php?bo_table=news2&wr_id=211&page=6

○ 建築網  <中国>
http://www.iarch.cn/thread-26570-1-1.html

○ highype.lofter  <中国>
http://highype.lofter.com/post/1cc808af_3da9f6a#

 

 

 

 

 

■ スロバキアのwebマガジン“Zaujimavosti.sk” に掲載 <山王マンション407リノベーション”時代蘇生”>

12月 16th, 2014

■ スロバキアのwebマガジン ”Zaujimavosti.sk” に、

山王マンション407リノベーション:”時代蘇生” - ”The Times Resuscitation Building” を掲載していただきました。

アメリカやヨーロッパ<イタリア、イギリス、フランス、オランダ、ドイツ>、アジアでは、中国、イラン、韓国、ウズベキスタン、そして、ロシア、等、次々掲載して頂いております。

○ Zaujimavosti.sk  <スロバキア>
http://zaujimavosti.sk/archives/12980

141216-01

『山王マンション』は、ヨーロッパ、そして、アメリカ、アジアにも紹介されています。
世界的に有名な日本の賃貸リノベーションマンションとなっていることでしょう。

——————————————————————————-
イギリスのウェブマガジン”dezeen”、イタリアのウェブマガジン”designboom”などにも掲載されています。

○ Fubiz <フランス>
http://www.fubiz.net/2014/11/29/renovation-building-by-nano-architects/

○ Archilovers <イタリア>
http://www.archilovers.com/projects/142596/the-times-resuscitation-building.html

○ Archello <オランダ>
http://www.archello.com/en/project/times-resuscitation-building

○ dezeen <イギリス>
http://www.dezeen.com/2014/11/19/the-times-resuscitation-building-nano-architects-1960s-japanese-apartment/

○ designboom <イタリア>
http://www.designboom.com/architecture/nano-architects-sanno-mansion-times-resuscitation-building-fukuoka-japan-10-29-2014/

○ “journal du design” <フランス>
http://www.journal-du-design.fr/architecture/the-times-resuscitation-building-nano-architects-52473/?fb_action_ids=724061994354946&fb_action_types=og.likes

○ ArchDaily <アメリカ>
http://www.archdaily.com/566848/the-times-resuscitation-building-nano-architects/

○ Admagazine <ロシア>
http://www.admagazine.ru/inter/53996_kvartira-v-traditsionnom-yaponskom-stile.php#artheader

○ イラン
http://kooy.ir/News408.html

○ MASTEROK.UZ <ウズベキスタン>
http://masterok.uz/ideas/udivitelyniy-interyer-yaponskiy-minimalizm-v-kvadrate

 

■ 山王マンション305リノベーション:”時代蘇生 the times transplantation building ” も掲載されています。
thumb_2_1366092377_998391f03a7b4554364c80b09dce7774
・Architizer:(アメリカ)
http://architizer.com/projects/the-times-transplantation-building/
The Architizer A+ Awards 2014 審査員賞 受賞
Residential Interiors / 住宅インテリア部門

・ArchDaily:(アメリカ)

http://www.archdaily.com/364962/times-transplantation-building-nano-architects/

・dezeen:(イギリス)
http://www.dezeen.com/2013/05/14/the-times-transplantation-building-by-nano-architects/

・designboom:(イタリア)
http://www.designboom.com/architecture/the-times-transplantation/

 

————————————————————–
>> 山王マンション407リノベーション:”時代蘇生 times resuscitation building” について

その他の作品
>> WORKS

タグ: ,

■ ウズベキスタンのwebマガジン“MASTEROK.UZ” に掲載 <山王マンション407リノベーション”時代蘇生”>

12月 15th, 2014

■ ウズベキスタンのwebマガジン ”MASTEROK.UZ” に、

山王マンション407リノベーション:”時代蘇生” - ”The Times Resuscitation Building” を掲載していただきました。

アメリカやヨーロッパ<イタリア、イギリス、フランス、オランダ、ドイツ>、アジアでは、中国、イラン、韓国等、次々掲載して頂いております。
前回のロシアを経て、ついにウズベキスタンへたどり着きました。いつも座っている目の前の事務所のパソコンなのですが、まるで世界一周旅行に出ているような気分になってきました。笑

”伝統的日本文化”は、想像以上に強力なポテンシャルを持っているようです・・・

○ MASTEROK.UZ <ウズベキスタン>
http://masterok.uz/ideas/udivitelyniy-interyer-yaponskiy-minimalizm-v-kvadrate

 

141215-02

 

 

『山王マンション』は、ヨーロッパ、そして、アメリカ、アジアにも紹介されています。
世界的に有名な日本の賃貸リノベーションマンションとなっていることでしょう。

——————————————————————————-
イギリスのウェブマガジン”dezeen”、イタリアのウェブマガジン”designboom”などにも掲載されています。

○ Fubiz <フランス>
http://www.fubiz.net/2014/11/29/renovation-building-by-nano-architects/

○ Archilovers <イタリア>
http://www.archilovers.com/projects/142596/the-times-resuscitation-building.html

○ Archello <オランダ>
http://www.archello.com/en/project/times-resuscitation-building

○ dezeen <イギリス>
http://www.dezeen.com/2014/11/19/the-times-resuscitation-building-nano-architects-1960s-japanese-apartment/

○ designboom <イタリア>
http://www.designboom.com/architecture/nano-architects-sanno-mansion-times-resuscitation-building-fukuoka-japan-10-29-2014/

○ “journal du design” <フランス>
http://www.journal-du-design.fr/architecture/the-times-resuscitation-building-nano-architects-52473/?fb_action_ids=724061994354946&fb_action_types=og.likes

○ ArchDaily <アメリカ>
http://www.archdaily.com/566848/the-times-resuscitation-building-nano-architects/

○ Admagazine <ロシア>
http://www.admagazine.ru/inter/53996_kvartira-v-traditsionnom-yaponskom-stile.php#artheader

○ イラン
http://kooy.ir/News408.html

 

■ 山王マンション305リノベーション:”時代蘇生 the times transplantation building ” も掲載されています。
thumb_2_1366092377_998391f03a7b4554364c80b09dce7774
・Architizer:(アメリカ)
http://architizer.com/projects/the-times-transplantation-building/
The Architizer A+ Awards 2014 審査員賞 受賞
Residential Interiors / 住宅インテリア部門

・ArchDaily:(アメリカ)

http://www.archdaily.com/364962/times-transplantation-building-nano-architects/

・dezeen:(イギリス)
http://www.dezeen.com/2013/05/14/the-times-transplantation-building-by-nano-architects/

・designboom:(イタリア)
http://www.designboom.com/architecture/the-times-transplantation/

 

————————————————————–
>> 山王マンション407リノベーション:”時代蘇生 times resuscitation building” について

その他の作品
>> WORKS

タグ: , ,

■ ロシアのwebマガジン“Admagazine” に掲載 <山王マンション407リノベーション”時代蘇生”>

12月 12th, 2014

■ ロシアのwebマガジン ”Admagazine” に、

山王マンション407リノベーション:”時代蘇生” - ”The Times Resuscitation Building” を掲載していただきました。

アメリカやヨーロッパ<イタリア、イギリス、フランス、オランダ、ドイツ>、アジアでは、中国、イラン、韓国等、次々掲載して頂いております。

 

○ Admagazine <ロシア>
http://www.admagazine.ru/inter/53996_kvartira-v-traditsionnom-yaponskom-stile.php#artheader

141212-00

141212-01

『山王マンション』は、ヨーロッパ、そして、アメリカ、アジアにも紹介されています。
世界的に有名な日本の賃貸リノベーションマンションとなっていることでしょう。

——————————————————————————-
イギリスのウェブマガジン”dezeen”、イタリアのウェブマガジン”designboom”などにも掲載されています。

○ Fubiz <フランス>
http://www.fubiz.net/2014/11/29/renovation-building-by-nano-architects/

○ Archilovers <イタリア>
http://www.archilovers.com/projects/142596/the-times-resuscitation-building.html

○ Archello <オランダ>
http://www.archello.com/en/project/times-resuscitation-building

○ dezeen <イギリス>
http://www.dezeen.com/2014/11/19/the-times-resuscitation-building-nano-architects-1960s-japanese-apartment/

○ designboom <イタリア>
http://www.designboom.com/architecture/nano-architects-sanno-mansion-times-resuscitation-building-fukuoka-japan-10-29-2014/

○ “journal du design” <フランス>
http://www.journal-du-design.fr/architecture/the-times-resuscitation-building-nano-architects-52473/?fb_action_ids=724061994354946&fb_action_types=og.likes

○ “ArchDaily” <アメリカ>
http://www.archdaily.com/566848/the-times-resuscitation-building-nano-architects/

○ イラン
http://kooy.ir/News408.html

 

■ 山王マンション305リノベーション:”時代蘇生 the times transplantation building ” も掲載されています。
thumb_2_1366092377_998391f03a7b4554364c80b09dce7774
・Architizer:(アメリカ)
http://architizer.com/projects/the-times-transplantation-building/
The Architizer A+ Awards 2014 審査員賞 受賞
Residential Interiors / 住宅インテリア部門

・ArchDaily:(アメリカ)

http://www.archdaily.com/364962/times-transplantation-building-nano-architects/

・dezeen:(イギリス)
http://www.dezeen.com/2013/05/14/the-times-transplantation-building-by-nano-architects/

・designboom:(イタリア)
http://www.designboom.com/architecture/the-times-transplantation/

 

————————————————————–
>> 山王マンション407リノベーション:”時代蘇生 times resuscitation building” について

その他の作品
>> WORKS

タグ: ,

■ フランスのwebマガジン“Fubiz” に掲載 <山王マンション407リノベーション”時代蘇生”>

12月 11th, 2014

■ フランスのwebマガジン ”Fubiz” に、

山王マンション407リノベーション:”時代蘇生” - ”The Times Resuscitation Building” を掲載していただきました。

アメリカやヨーロッパ<イタリア、イギリス、フランス、オランダ、ドイツ>、アジアでは、中国、イラン等、次々掲載して頂いております。

■ ”Fubiz” <http://www.fubiz.net/>
あるホームページでは次のように紹介されていました。
「クリエイティブ脳を刺激するフランスのポータルブログ。世界中のグラフィックやデジタルアート、トレンドやデザイン都市を紹介する、知ってる人は知ってる人気ブログなのですが、これがスゴい・・・」

大変嬉しいことに、この作品は、フランスの方々の感性にシンクロしたようです。

○ Fubiz <フランス>
http://www.fubiz.net/2014/11/29/renovation-building-by-nano-architects/

141211-03

141211-04
↑ このように、様々な分野の作品が掲載されています。
先ほどの紹介文のように、ただ眺めているだけでも楽しいホームページなのでご覧になってみてはいかがでしょうか?

『山王マンション』は、ヨーロッパ、そして、アメリカ、アジアにも紹介されています。
世界的に有名な日本の賃貸リノベーションマンションとなっていることでしょう。笑

——————————————————————————-
イギリスのウェブマガジン”dezeen”、イタリアのウェブマガジン”designboom”などにも掲載されています。

○ Archilovers <イタリア>
http://www.archilovers.com/projects/142596/the-times-resuscitation-building.html

○ Archello <オランダ>
http://www.archello.com/en/project/times-resuscitation-building

○ dezeen <イギリス>
http://www.dezeen.com/2014/11/19/the-times-resuscitation-building-nano-architects-1960s-japanese-apartment/

○ designboom <イタリア>
http://www.designboom.com/architecture/nano-architects-sanno-mansion-times-resuscitation-building-fukuoka-japan-10-29-2014/

○ “journal du design” <フランス>
http://www.journal-du-design.fr/architecture/the-times-resuscitation-building-nano-architects-52473/?fb_action_ids=724061994354946&fb_action_types=og.likes

○ “ArchDaily” <アメリカ>
http://www.archdaily.com/566848/the-times-resuscitation-building-nano-architects/

○ イラン
http://kooy.ir/News408.html

 

■ 山王マンション305リノベーション:”時代蘇生 the times transplantation building ” も掲載されています。
thumb_2_1366092377_998391f03a7b4554364c80b09dce7774
・Architizer:(アメリカ)
http://architizer.com/projects/the-times-transplantation-building/
The Architizer A+ Awards 2014 審査員賞 受賞
Residential Interiors / 住宅インテリア部門

・ArchDaily:(アメリカ)

http://www.archdaily.com/364962/times-transplantation-building-nano-architects/

・dezeen:(イギリス)
http://www.dezeen.com/2013/05/14/the-times-transplantation-building-by-nano-architects/

・designboom:(イタリア)
http://www.designboom.com/architecture/the-times-transplantation/

 

————————————————————–
>> 山王マンション407リノベーション:”時代蘇生 times resuscitation building” について

その他の作品
>> WORKS

タグ: ,

« Previous Entries