Y邸-リノベーション工事-05:RC壁 – 開口補強

Posted by admin - 11月 22nd, 2011 ↑ blog top

■ マンションのリノベーション:RC壁-開口補強

今回のマンションリノベーションでは、既存の鉄筋コンクリート(RC)の壁、つまり構造躯体も一部変更を加えています。
構造躯体に変更を加える場合、いろいろ厄介な手続きが必要です。

このマンションは1981年施行の「新耐震設計法」以前の建物であったため、まず、構造設計事務所に、「耐震診断」をしていただきました。
建物全体として、基準の耐力以上あることを確認した上で、新しいプランにそって既存RC壁を開口したときに、構造上問題がないのかを検証していただいています。その結果、一部RC壁に穴を開けた部分に開口補強をすることになりました。


↑ 既存のRC梁にケミカルアンカーされた鉄筋に、引張試験機を取付。
ケミカルアンカーが所定の定着強度を確保できているのかを引張試験をして確認しています。


↑ 2戸の戸堺であるRC造の間仕切り壁に穴を開け2戸をつなぎ、1つの居住空間としました。
耐力上問題があるために、開口補強を行いました。


↑ 引張試験機は、空気の力を利用して圧力をかけ鉄筋を引っ張り、基準以上を満たしているのかを確認します。

主筋であるこれらの鉄筋の他に、さらに鉄筋を配筋したあと、型枠を組み、コンクリートを流しこんで、柱状にします。

 
>>完成までのストーリー
———————————————————————————————
>>15 – 「放射冷暖房システム」
>>14 – タイル工事
>>13 – キッチン取付
>>12 – 螺旋階段取付
>>11 – アルミサッシカバー工法
>>10 – 珪藻土塗り
>>09 – ユニットバス設置
>>08 – 軽鉄下地+ボード張り
>>07 – 断熱工事・ウレタン吹付
>>06 – 間仕切り壁
>>05 – RC壁 – 開口補強
>>04 – 設備配管工事2
>>03 – 設備配管工事
>>02 – 解体
>>01 – 引越し
———————————————————————————————
マンションのリノベーション
場所:福岡市
工期:2011年9月末~2012年01月末
施工:スペースRデザイン
設計:nano Architects/信濃設計研究所
キッチン:リブレ株式会社
鉄骨階段:(株)稲沢鐵工
珪藻土:日本ダイヤコム工業株式会社・MGボーダー
放射冷暖房システム:ピーエス株式会社
無垢フローリング・皇杉:GAIN(ゲイン)
———————————————————————————————
ユニットバス
TOTO:マンション用RZシリーズ-1416サイズ
介護用ユニットバス
Panasonic:アクアハートKシリーズ-1620サイズ
———————————————————————————————

タグ: , , ,

Comments are closed.

← blog top