Y邸-リノベーション工事-02:解体

Posted by admin - 11月 6th, 2011 ↑ blog top

■ マンションリノベーション「Y邸」:解体工事が始まりました。

今回のリノベーションは、建物全体の耐震診断と耐震設計をしています。
その上で新しいプラン確定後、躯体部分である壁と床を一部解体して構造的に問題がないか、新たに建物全体の評価をし、構造的に問題がないのを確認しております。
構造的に問題がないのを確認し、市役所と所轄の消防署へ出向き報告の上工事がはじまりました。

トリプレット:新しいプランでは床に穴を開け3層をつなぎ螺旋階段を取り付けます。
間取り変更:間取りが全く変わりますので、多くのRC間仕切り壁を解体します。
断熱:断熱がありませんでしたが、ウレタンを30mm吹付けします。
内窓:断熱のためアルミ内窓を取り付けます。
床上配管+共用配管:床下配管を床上配管に変更、新設。さらに共用配管を外部バルコニーに新設します。
冷暖房:冷暖房にPSシステムを設置します。
仕上げ:床は無垢の杉フローリング材「皇杉」。壁は珪藻土を使用します。

←コンクリートの残骸

←壁のモルタルを剥がしています。

←解体されたRC壁


↑ 残された縦配管。バルコニーに共用配管を新設するので、これは撤去します。


↑ 床スラブの解体。ここに螺旋階段を新設します。


↑ 大きく開口されたRC壁。

 
>>完成までのストーリー
———————————————————————————————
>>15 – 「放射冷暖房システム」
>>14 – タイル工事
>>13 – キッチン取付
>>12 – 螺旋階段取付
>>11 – アルミサッシカバー工法
>>10 – 珪藻土塗り
>>09 – ユニットバス設置
>>08 – 軽鉄下地+ボード張り
>>07 – 断熱工事・ウレタン吹付
>>06 – 間仕切り壁
>>05 – RC壁 – 開口補強
>>04 – 設備配管工事2
>>03 – 設備配管工事
>>02 – 解体
>>01 – 引越し
———————————————————————————————
マンションのリノベーション
場所:福岡市
工期:2011年9月末~2012年01月末
施工:スペースRデザイン
設計:nano Architects/信濃設計研究所
キッチン:リブレ株式会社
鉄骨階段:(株)稲沢鐵工
珪藻土:日本ダイヤコム工業株式会社・MGボーダー
放射冷暖房システム:ピーエス株式会社
無垢フローリング・皇杉:GAIN(ゲイン)
———————————————————————————————
ユニットバス
TOTO:マンション用RZシリーズ-1416サイズ
介護用ユニットバス
Panasonic:アクアハートKシリーズ-1620サイズ
———————————————————————————————

タグ: , ,

Comments are closed.

← blog top