桜坂マンションリノベーション工事-06<インテリア>

1月 21st, 2017

 

■ 桜坂マンションのリノベーション工事:インテリアコーディネート・ディスプレイ

170121-02

170121-09

170121-03

170121-05

170121-11

170121-10

170121-04

170121-13

170121-16

170121-14

170121-06

170121-17

 

■  工事工程

工程06 <インテリアコーディネート・ディスプレイ>
工程05 <完成>

工程04 <内装工事>

工程03 <UB取付、内装>

工程02 <設備配管、軽鉄下地>

工程01 <解体工事>

工程00 <工事前現況>

----------------------------------------------
シャンボール桜坂
築年数:1974年(昭和49年)竣工<築42年>
専有面積:51.93㎡
元間取り:2DK
施主:リノベスタイル株式会社:http://renova-style.jp/
施工:株式会社アビックス:園田
設計:nano Architects/信濃設計研究所:信濃、小嶋

 

 

 

タグ: , ,

桜坂マンションリノベーション工事-05<完成>

12月 28th, 2016

■ 桜坂マンションのリノベーション工事:工事完了

161223-01
↑ 工事期間が短い中、なんとか完成しました。

161223-02
↑ ガラスのスクリーン。木製の枠に、ガラスを入れ込んであります。

161223-04
↑ キッチンは家具工事で製作しました。
写真のように通路側カウンタはハイカウンターとしています。高さはH=1030。
キッチン内カウンタ高さは標準H=850より少し高めのH=880。
キッチン内の床高さをH=150上げています。

161223-03
↑ 洗面台。
カウンタはタモ集成材。

161223-05
↑ キッチン。
カウンタ:タモ集成材+UC、IHコンロ部分はステンレスバイブレーション仕上げ
キッチン内カウンタ高さは標準H=850より少し高めのH=880。
キッチン内の床高さをH=150上げ段差をつけ、通路側のカウンタ高さをH=1030にしています。

 

■  工事工程

工程06 <インテリアコーディネート・ディスプレイ>
工程05 <完成>

工程04 <内装工事>

工程03 <UB取付、内装>

工程02 <設備配管、軽鉄下地>

工程01 <解体工事>

工程00 <工事前現況>

----------------------------------------------
築年数:1974年(昭和49年)竣工<築42年>
専有面積:51.93㎡
元間取り:2DK
施主:リノベスタイル株式会社:http://renova-style.jp/
施工:株式会社アビックス:園田
設計:nano Architects/信濃設計研究所:信濃、小嶋

タグ: , , , ,

桜坂マンションリノベーション工事-04<内装>

12月 22nd, 2016

■ 桜坂マンションのリノベーション工事:内装工事が進んでいます。工事も終盤。

161222-05
↑ ここにキッチンが取付けられます。

161222-01
↑ 広いLDKと、プラス 1 部屋

161222-02
↑ LDKと、プラス 1 部屋、キッチンの床高さを変えています。

161222-04
↑ 広い玄関、

■  工事工程

工程06 <インテリアコーディネート・ディスプレイ>
工程05 <完成>

工程04 <内装工事>

工程03 <UB取付、内装>

工程02 <設備配管、軽鉄下地>

工程01 <解体工事>

工程00 <工事前現況>

----------------------------------------------
築年数:1974年(昭和49年)竣工<築42年>
専有面積:51.93㎡
元間取り:2DK
施主:リノベスタイル株式会社:http://renova-style.jp/
施工:株式会社アビックス:園田
設計:nano Architects/信濃設計研究所:信濃、小嶋

タグ: , , , ,

桜坂マンションリノベーション工事-03<UB取付、内装>

12月 21st, 2016

■ 桜坂マンションのリノベーション工事:UB(ユニットバス)取付工事、内装軽鉄下地の上にボード張り工事が始まりました。

161212-01
UB(ユニットバス)の取付。
設置の前に、事前に下記の事項を確認し設置できるかどうかを確かめます。
・RCの梁が当たる場合は梁欠きの位置
・ユニットバスに合わせた排水管の位置
・換気扇が付けられるのかなど天井懐の位置
設置できるのを確認したうえで、後日UBの取り付けが行われます。

161212-02
内装工事は軽鉄下地に石膏ボード張りがおこなわれています。

161212-03
天井の石膏ボードは、ダウンライトが入る高さで取付けられました。

161212-04
UB(ユニットバス)設置がおわりました。

161212-05
UB(ユニットバス)の上は、上階の配管や換気扇ダクトなど、設備配管でいっぱいです。

■  工事工程

工程06 <インテリアコーディネート・ディスプレイ>
工程05 <完成>

工程04 <内装工事>

工程03 <UB取付、内装>

工程02 <設備配管、軽鉄下地>

工程01 <解体工事>

工程00 <工事前現況>

----------------------------------------------
築年数:1974年(昭和49年)竣工<築42年>
専有面積:51.93㎡
元間取り:2DK
施主:リノベスタイル株式会社:http://renova-style.jp/
施工:株式会社アビックス:園田
設計:nano Architects/信濃設計研究所:信濃、小嶋

タグ: , , , ,

桜坂マンションリノベーション工事-02<設備配管、軽鉄下地>

12月 1st, 2016

■ 桜坂マンションのリノベーション工事:設備配管工事、内装軽鉄下地工事が始まりました。

161130-04

この部屋は、給湯器が室内にありましたので、マンション組合の了承を得たうえで、外部バルコニーに外部用の新しい給湯器を設置するようにしました。
給湯器を室内から室外に設置することにより次の2点でリスクが低減されます。
1,室内給湯器の不具合による事故のリスクが低減されます。
2,共用廊下に設置されていた煙突(共用部所有)を撤去することができますので、煙突による事故、経年劣化等によるメンテ費用、取替費用を低減することができます。

161130-05
↑ 共用部ある室内給湯器用煙突。
室内給湯器を中止し、バルコニーに外部用給湯器を設置することにより、煙突を撤去することができました。
さらに今回は、ユニットバスに追い焚き機能もつけることができましたので、事故のリスク低減と浴室機能の快適性アップを実現できました。

161110-02
↑ 配水管設置

161110-01
↑ 電気工事

161117-01
↑ 軽鉄下地工事

161130-02
↑ 壁の軽鉄下地

161130-01
↑ 天井の軽鉄下地

----------------------------------------------

■  工事工程

工程06 <インテリアコーディネート・ディスプレイ>
工程05 <完成>

工程04 <内装工事>

工程03 <UB取付、内装>

工程02 <設備配管、軽鉄下地>

工程01 <解体工事>

工程00 <工事前現況>

----------------------------------------------
築年数:1974年(昭和49年)竣工<築42年>
専有面積:51.93㎡
元間取り:2DK
施主:リノベスタイル株式会社:http://renova-style.jp/
施工:株式会社アビックス:園田
設計:nano Architects/信濃設計研究所:信濃、小嶋

タグ: , ,

桜坂マンションリノベーション工事-01<解体>

10月 31st, 2016

■ 桜坂のマンションのリノベーション工事が始まりました。

161029-01

築42年、2DK、約50平米のマンションです。
現況の状況は、畳敷きの和室が2室、天井はRCスラブに吹き付け、壁はモルタルに塗装です。
給水管、給湯管は露出配管で更新されていました。
RC梁にはスリーブ穴が空いておりますので、換気扇は更新しやすい状態です。
排水管は”下抜き”方式でした。

■  解体工事

161025-02

161025-01

解体工事がおわり、スケルトン状態になりました。

161029-03

161029-02

161029-04

161029-05

----------------------------------------------

■  工事工程

工程06 <インテリアコーディネート・ディスプレイ>
工程05 <完成>

工程04 <内装工事>

工程03 <UB取付、内装>

工程02 <設備配管、軽鉄下地>

工程01 <解体工事>

工程00 <工事前現況>

----------------------------------------------
築年数:1974年(昭和49年)竣工<築42年>
専有面積:51.93㎡
元間取り:2DK
施主:リノベスタイル株式会社:http://renova-style.jp/
施工:株式会社アビックス:園田
設計:nano Architects/信濃設計研究所:信濃、小嶋

桜坂マンションリノベーション工事-00<工事前>

10月 24th, 2016

■ 桜坂のマンションのリノベーション工事が始まります。

築42年、2DK、約50平米のマンションです。
現況の状況は、畳敷きの和室が2室、天井はRCスラブに吹き付け、壁はモルタルに塗装です。
給水管、給湯管は露出配管で更新されていました。
RC梁にはスリーブ穴が空いておりますので、換気扇は更新しやすい状態です。
排水管は”下抜き”方式でした。

161024-01

161024-03

161024-04

 

----------------------------------------------

■  工事工程

工程06 <インテリアコーディネート・ディスプレイ>
工程05 <完成>

工程04 <内装工事>

工程03 <UB取付、内装>

工程02 <設備配管、軽鉄下地>

工程01 <解体工事>

工程00 <工事前現況>

----------------------------------------------
築年数:1974年(昭和49年)竣工<築42年>
専有面積:51.93㎡
元間取り:2DK
施主:リノベスタイル株式会社:http://renova-style.jp/
施工:株式会社アビックス:園田
設計:nano Architects/信濃設計研究所:信濃、小嶋

「なごみの家”しかた”」:UR四箇田団地 小規模多機能ホーム– 工事09:家具サイン

8月 3rd, 2016

■ UR四箇田団地、1Fテナント部2区画に、「コミュニティスペース」と「小規模多機能施設」を計画しています。

小規模多機能ホーム「なごみの家”しかた”」 :家具が入り、サインも取り付けました。

6月より営業開始です。

160802-01
左:小規模多機能ホーム「なごみの家”しかた”」 右:コミュニティーカフェ「しかたの茶の間」

160802-04
格子戸を設置し、ほどよくプライバシーを確保しています。

160802-05
家具が搬入され、開園の準備が整い始めました。

160802-06
ぎりぎりの全体面積のなか、数センチの攻防のすえ、各諸室・各機能を何とかレイアウトすることができました。

160802-03
サイン。掲示板を設置し、施設のインフォメーションとして有効に活用されています。

160802-02
隣のコミュニティーカフェ「しかたの茶の間」
子供たち、お母さん、お年寄り、それぞれの世代で、四箇田団地内の”もう一つの居場所”として認知され始めています。

 

————————————————————————————

■ 小規模多機能ホーム「なごみの家”しかた”」工事工程
工事工程09 <家具・サイン> (2015年5月末)
工事工程08 <福祉型設備> (2015年5月初)
工事工程07 <格子戸> (2015年4月末)

工事工程06 <器具取付工事> (2015年4月中)
工事工程05 <内装工事2> (2015年4月初)
工事工程04 <内装工事> (2015年3月末)
工事工程03 <格子戸枠・UB工事> (2015年3月末)
工事工程02 <配管・空調工事> (2015年3月中)
工事工程01 <墨出し> (2015年2月初)

■ コミュニティスペース「しかたの茶の間」工事工程
工事工程09 <照明・家具設置> (2016年2月初)

工事工程08 <可動式ベンチ製作> (2016年1月末)

工事工程07 <キッチン工事> (2016年1月末)

工事工程06 <カウンタ工事> (2016年1月中)

工事工程05 <床モルタル工事> (2015年12月末)

工事工程04 <ルーバー取付工事> (2015年12月中)

工事工程03 <アルミサッシ取付工事> (2015年12月初)

工事工程02 <照明用電気配管・排水管工事> (2015年11月末)

工事工程01 <壁モルタル塗り> (2015年11月末)

工事工程00 <工事前> (2015年10月)

————————————————————————————

■ UR四箇田団地
住所:福岡市早良区四箇田団地
完成:1977年(S52)~1984年(S59) 築32~39年
管理戸数:864戸/全55棟
http://www.ur-net.go.jp/kyuoki/fukuoka/90_097.html

■ 小規模多機能ホーム「なごみの家”しかた”」:UR四箇田団地-4棟1F-106
面積:93.13㎡
施主:NPO法人[なごみの家]
施工:有限会社 住宅・リフォーム・サービス 担当:佐藤さん
設計監理:nano Architects / 信濃設計研究所

■ コミュニティスペース「しかたの茶の間」:UR四箇田団地-4棟1F-105
面積:93.13㎡
施主:NPO法人[なごみの家]
施工:有限会社 住宅・リフォーム・サービス 担当:佐藤さん
設計監理:nano Architects / 信濃設計研究所

タグ: , , ,

« Previous Entries