■ 「春日原小路」:コーポラティブヴィレッジ春日原南町-7街区

 

 

プロジェクトメンバー

コーディネイト:株式会社 エス・コンセプト
土地媒介:九電不動産 株式会社
全体計画:株式会社 建築デザイン工房 谷口遵
住戸設計:信濃設計研究所 信濃康博
       渋田建築計画事務所 渋田耕治
施工:株式会社 斉藤工務店

概要

敷地住所:福岡県春日市春日原南町
主要用途:コーポラティブ方式の戸建て住宅
主要構造:木造2階建
住戸数:7街区―全4戸 / 内1戸設計
建築竣工:2011年3月
写真撮影:石井紀久

■ 「コーポラティブヴィレッジ春日原南町」は、2006年より始まりました。

○福岡県春日市「春日原南町」という一つの町内で計画・実行されています。
この春日原南町に、現時点で合計32戸の住宅が完成しています。 私の事務所では、この32戸のうち13戸を設計させていただきました。

街区 戸数 設計戸数 竣工 街区名称
Ⅰ期 1街区 6戸 内3戸設計 2007年・春 →「ガルデンカスガ」
→M邸/→T邸/→A邸
Ⅱ期 2街区 3戸 2007年/夏
3街区 2戸 内2戸設計   〃 →「MS.harmony」 > →Si邸
4街区 3戸 内2戸設計   〃 →「CLOVER VILLAGE」 > →Ka邸
5街区 3戸   〃
Ⅲ期 6街区 4戸 内2戸設計 2009年/春 →「FOUR SEASONS VILLAGE」

→YN邸 / →YK邸

Ⅳ期 7街区 4戸 内1戸設計 2011年/春 →「春日原小路」 > →Ta邸
8街区 7戸 内3戸設計 2012年/春 →「なないろガーデン」

→Mo邸/→Nu邸/→Mu邸

■ 全体配置

4期を迎えた「コーポラティブヴィレッジ春日原南町」、7街区(全4戸)の設計・工事がおわり、また一つの”村”ができました。


7街区は、北面と東面が道路に接する敷地で全4戸が建っています。
隣棟間隔があまり無いため、共用スペースはまるで「小路」のようになっています。
「小路」には「さくら」が植えられました。春の到来を告げる「さくら」が「春日原小路」を彩ります。

■ コーポラティブヴィレッジ概要

○建物を建てる前に募集

コーポラティブ方式は、建てる前にオーナーを募集します。
次に、街区内の住戸を購入した方々で組合を結成していただきます。
各住戸の設計を設計者が担当し、約半年かけて設計をします。
約半年かけて建設し、完成・引渡しとなります。

○「全体ルール」の設定

各街区には、街区形状に合わせたルールが設定されています。
一見、自由が制限されているように見えますが、実際に建物が建ったときに、各住戸のプライバシー等の住環境が保たれるように計画されています。
街並みにも配慮した、統一的な外観デザインを採用しつつ、各住戸の個性も取り入れるようなルールとしています。

○「オープン外構」

駐車場も兼ねた開放的な「オープン外構」は、利便性の高い公的な空間を意図しています。
敷地をお互いに利用することにより、住環境が豊かになります。

○個々の家族のかたちに対応した「住戸設計」

住宅を設計するということは「家族」を考えることです。
全体ルールを守りながら、それぞれの「家族のかたち」を考えながら設計していきます。

○「コミュニティー」

最も貴重なのは、写真ではわからない、各街区の方々がつくりあげた「コミュニティー」です。
毎日のようにオープンスペースで一緒に遊んでいる子供達が、このプロジェクトの意義を教えてくれました。
新しいコミュニティーを探っている日本社会において、コーポラティブ方式は、コミュニティ再生の一つの有効な手法となっています。
■「春日原小路」:1つの住宅

→Ta邸

一覧へ戻る