■ 福岡市百道:I 邸-リノベーション工事-工事工程10 (内覧会)

1月 7th, 2014

■ 築20年の分譲マンションリノベーション : 福岡市百道

工事が無事終わり、お施主様のご好意により、マンション内のみの内覧会を行うことができました。


マンション内限定で内覧会を開催させていただいたのですが、
築20年を過ぎ、各住戸ほぼ同様の問題を抱えていることがわかりました。
お越しいただいた方々は、みなさん、ご自分の住戸をどうにかしたいというご希望をお持ちでした。
しかし、このように、リノベーションした他の住戸を見る機会が少なく、イメージがなかなか
できないとのことで、是非参考にさせていただきたいという方々が多かったです。


同じマンションで、特に同様の間取りにお住いの方々は、問題点が身にしみてお分かりなので
生活空間を実感しながらご見学してくださいました。

このマンションでは、住戸プランが複数あり、同様の間取りではない方もいらしたのですが、
基本的プランの考え方と、水回りの設備は共通ですので、日々ご苦労されている点は各住戸
ほぼ同じでした。


閉鎖的だったキッチンがオープンになりました。

もし、このマンションが100年使い続けられるとすると、築20年といっても、まだ1/5しか過ぎていません。
あと80年、どのように住まい継がれていくのでしょうか・・・・・。

 

——————————————————————————–

■ 福岡市百道:I 邸-リノベーション工事

工事工程10 (内覧会)
工事工程09 (設備/エアコン/建具/手直し工事)

工事工程08 (キッチン工事)

工事工程07 (クロス工事)

工事工程06 (フローリング工事)

工事工程05 (ユニットバス設置工事)
工事工程04 (大工工事・配管工事)
工事工程03 (大工工事1)
工事工程02 (解体工事2)
工事工程01 (解体工事)

——————————————————————————–
福岡市百道:I 邸-リノベーション工事
場所:福岡市内、百道
用途:分譲マンション築20年
建築工事:㈲マツヨシ工務店
設備工事:増田設備工業
電気工事:ヒロ電気テクノサービス
設計監理:nano Architects

タグ: , , ,

■ 福岡市百道:I 邸-リノベーション工事-工事工程09 (設備/エアコン/建具/手直し工事)

12月 22nd, 2013

■ 築20年の分譲マンションリノベーション : 福岡市百道

工事も最終盤、洗面台の取り付け、エアコンの取付、建具の取り付け、クロス手直し等、各種工事が同時に行われました。

●洗面台取付工事

↑ TOTOラウンドシリーズW1200、三面鏡収納タイプ

●エアコン取り付け工事


↑ エアコンは、既存のエアコンを再取り付けしています。

●建具工事

↑ 上吊り引き戸を新たに取り付けました。

●クロス工事

↑ クロスの手直しは、いつも終わりなき作業となってしまいますね(笑)

——————————————————————————–

■ 福岡市百道:I 邸-リノベーション工事

工事工程10 (内覧会)
工事工程09 (設備/エアコン/建具/手直し工事)

工事工程08 (キッチン工事)

工事工程07 (クロス工事)

工事工程06 (フローリング工事)

工事工程05 (ユニットバス設置工事)
工事工程04 (大工工事・配管工事)
工事工程03 (大工工事1)
工事工程02 (解体工事2)
工事工程01 (解体工事)

——————————————————————————–
福岡市百道:I 邸-リノベーション工事
場所:福岡市内、百道
用途:分譲マンション築20年
建築工事:㈲マツヨシ工務店
設備工事:増田設備工業
電気工事:ヒロ電気テクノサービス
設計監理:nano Architects

タグ: , ,

■ 福岡市百道:I 邸-リノベーション工事-工事工程08 (キッチン工事)

12月 19th, 2013

■ 築20年の分譲マンションリノベーション : 福岡市百道

クロス工事が終わりキッチンが取り付けられました。


↑ キッチン搬入


↑ トールキャビネット取り付け


↑ 吊り戸棚取り付け


↑ レンジフード取り付け


↑ キッチンキャビネット取り付け


↑ キャビネット取り付け2


↑ キャビネット取り付け3


↑ キッチン天板、人造大理石取り付け1


↑ キッチン天板、人造大理石取り付け2


↑ キッチン天板、人造大理石接着


↑ キッチン+キャビネット取り付け完了

 

○ キッチン : LIXIL Shiera
L型 - 2700x2700 / トールキャビネットx2台:W600D600H2350+冷蔵庫上キャビネット
天板:人造大理石
シンク:ステンレス/エンボス加工/コーティング
コンロ:ガラストップW750<リンナイ>
レンジフード:SERエコタイプ/コンロ連動/フィルターレス/W900
食洗機:浅型/スライドストッカー3段

——————————————————————————–

■ 福岡市百道:I 邸-リノベーション工事

工事工程10 (内覧会)
工事工程09 (設備/エアコン/建具/手直し工事)

工事工程08 (キッチン工事)

工事工程07 (クロス工事)

工事工程06 (フローリング工事)

工事工程05 (ユニットバス設置工事)
工事工程04 (大工工事・配管工事)
工事工程03 (大工工事1)
工事工程02 (解体工事2)
工事工程01 (解体工事)

——————————————————————————–
福岡市百道:I 邸-リノベーション工事
場所:福岡市内、百道
用途:分譲マンション築20年
建築工事:㈲マツヨシ工務店
設備工事:増田設備工業
電気工事:ヒロ電気テクノサービス
設計監理:nano Architects

タグ: , , ,

■ 福岡市百道:I 邸-リノベーション工事-工事工程07 (クロス工事)

12月 12th, 2013

■ 築20年の分譲マンションリノベーション : 福岡市百道

大工工事が終わりクロスを張り始めています。


↑ クロス工事中。

リノベーションの場合、大問題なのが下地処理です。
1,間仕切りを解体したところの処理。(今回は間仕切りは軽鉄でした。)
2,つなげた二部屋の天井高が異なるところの処理。(間仕切りを取ると天井高が異なるので処理が大変です。)
3,クロスを剥いだ時の紙が残る/残らない、などのところの処理。(綺麗に剥げるクロス+ノリの開発が必要です。)
これらは新築時にはない、リノベーションならではの悩み深い所です。


↑ なかなかうまく行かないところもあるのですが、なるべく目立たないように、ご苦労されながら施工してくださっています。

——————————————————————————–

■ 福岡市百道:I 邸-リノベーション工事

工事工程10 (内覧会)
工事工程09 (設備/エアコン/建具/手直し工事)

工事工程08 (キッチン工事)

工事工程07 (クロス工事)

工事工程06 (フローリング工事)

工事工程05 (ユニットバス設置工事)
工事工程04 (大工工事・配管工事)
工事工程03 (大工工事1)
工事工程02 (解体工事2)
工事工程01 (解体工事)

——————————————————————————–
福岡市百道:I 邸-リノベーション工事
場所:福岡市内、百道
用途:分譲マンション築20年
建築工事:㈲マツヨシ工務店
設備工事:増田設備工業
電気工事:ヒロ電気テクノサービス
設計監理:nano Architects

タグ: , , , ,

■ 福岡市百道:I 邸-リノベーション工事-工事工程06 (フローリング工事)

12月 9th, 2013

■ 築20年の分譲マンションリノベーション : 福岡市百道

大工工事も終盤になってきました。フローリングを張り始めています。


↑ フローリング工事。


↑ キッチン取付部のキッチンパネル。ダクト部分にはフードが付きます。

——————————————————————————–

■ 福岡市百道:I 邸-リノベーション工事

工事工程10 (内覧会)
工事工程09 (設備/エアコン/建具/手直し工事)

工事工程08 (キッチン工事)

工事工程07 (クロス工事)

工事工程06 (フローリング工事)

工事工程05 (ユニットバス設置工事)
工事工程04 (大工工事・配管工事)
工事工程03 (大工工事1)
工事工程02 (解体工事2)
工事工程01 (解体工事)

——————————————————————————–
福岡市百道:I 邸-リノベーション工事
場所:福岡市内、百道
用途:分譲マンション築20年
建築工事:㈲マツヨシ工務店
設備工事:増田設備工業
電気工事:ヒロ電気テクノサービス
設計監理:nano Architects

タグ: , ,

■ 福岡市百道:I 邸-リノベーション工事-工事工程05 (ユニットバス設置工事)

12月 4th, 2013

■ 築20年の分譲マンションリノベーション : 福岡市百道

ユニットバスの設置工事


↑ 既存配管を避けながら足を立てて設置していきます。
既存の配管の位置により、ユニットバス設置高さが決まります。
バリアフリー化しようと思っていましたが、既存配管の位置により不可能なことが判明し、洗面脱衣室より70mmの高さで設置することになりました。


↑ ユニットバスの床。
近年、ユニットバスの床、壁、天井ともに、構造耐力を保ちながら薄い構造になっています。
ユニットバスの床の体力を保つために、このような角波状の床になています。


↑ 「魔法瓶浴槽」と、床の仕上げ材「ホッカラリ床」が設置されました。
現在のユニットバスは、素足で歩いても冷たくなく、水はけも良い床と、なかなかお湯が冷めない魔法瓶状の浴槽でできています。


↑ 壁、天井を支えるフレームもこのような最小限の骨になっています。(すごいですね)

 

——————————————————————————–

■ 福岡市百道:I 邸-リノベーション工事

工事工程10 (内覧会)
工事工程09 (設備/エアコン/建具/手直し工事)

工事工程08 (キッチン工事)

工事工程07 (クロス工事)

工事工程06 (フローリング工事)

工事工程05 (ユニットバス設置工事)
工事工程04 (大工工事・配管工事)
工事工程03 (大工工事1)
工事工程02 (解体工事2)
工事工程01 (解体工事)

——————————————————————————–
福岡市百道:I 邸-リノベーション工事
場所:福岡市内、百道
用途:分譲マンション築20年
建築工事:㈲マツヨシ工務店
設備工事:増田設備工業
電気工事:ヒロ電気テクノサービス
設計監理:nano Architects

タグ: ,

■ 福岡市百道:I 邸-リノベーション工事-工事工程02 (解体工事2)

11月 11th, 2013

■ 福岡市百道のマンション、I 邸のリノベーション工事が始まりました。

工事工程02-「解体工事2」


↑ 既存のフローリングを除去しました。
コンクリートスラブの上に樹脂製の束材を立て、その上にパーティクルボード+合板を施工し、フローリングを張っていました。フローリングの接着剤はあまり強くありませんでしたので、この写真のように綺麗に合板が表れています。
この上に新しいフローリングを張っていきます。


↑ クローズだったキッチンの壁を取り払い、リビングの横の個室間仕切りを解体すると、こんなにも広くなります。
住宅は、家族の成長とともに必要な空間が変化していきます。家族の変化に合わせ、リノベーションを行い、世代を超えて建物を長く使い続けていくことが普通の時代になってきています。


↑ キッチン配管部。
既存の配管がどうなっているのかは、解体してみないとわからない部分が多く、リノベーションの一番厄介な部分です。
新しく取り付けるキッチン配管も、この写真のように既存配管にあわせ取り付けなければいけません。これから、設備業者さんと大工さんと打合せの上、配管ルートを決め、施工していただきます。

——————————————————————————–

■ 福岡市百道:I 邸-リノベーション工事

工事工程10 (内覧会)
工事工程09 (設備/エアコン/建具/手直し工事)

工事工程08 (キッチン工事)

工事工程07 (クロス工事)

工事工程06 (フローリング工事)

工事工程05 (ユニットバス設置工事)
工事工程04 (大工工事・配管工事)
工事工程03 (大工工事1)
工事工程02 (解体工事2)
工事工程01 (解体工事)

——————————————————————————–
福岡市百道:I 邸-リノベーション工事
場所:福岡市内、百道
用途:分譲マンション築20年
建築工事:㈲マツヨシ工務店
設備工事:増田設備工業
電気工事:ヒロ電気テクノサービス
設計監理:nano Architects

タグ: , ,